先日、シンガポール経由で移動したので、

成田➡︎シンガポール便のSQ637に乗りました飛行機

というわけで、レポートビデオですVideo orange

 

 

シンガポール航空にはとっても久々に乗ったのですが

この快適さに仰天叫び

ご覧いただいた通り、シートがファーストクラス並みの幅アップ

飛行機が傾くと、革シートなだけに体が右に左に滑ります笑

そして、多くの収納スペース

昼間の便だったので、ベッドにすることはなく、ずっと座っていましたが、

ベッドにすると180度水平フラットになり、快適に眠れそうですぐぅぐぅ

ちなみに、サイドのボタンではフラットにすることはできないので、

立ち上がって背もたれ部分を自分でひっくり返し、ベッドにしなければならないのでご参考までにひらめき電球

実は、見た目がイマイチだった

菊の井の村田さん監修のランチですが、

意外や意外、

なかなかイケてて驚きました。

機内食って、どうしても気圧の関係で舌がおかしくなりますから、

美味しいと感じることはないのですが、

これはなかなか気圧にも合わせてあるのか!?どうかはわかりませんが

ナイスチョイスgood、和食を選んでよかったです。

ちなみに、真後ろに子供がいて…

移動時に子供がいると鳴き声や叫び声がどうしても耳につくのですが

最近は、BOSEのノイズキャンセラヘッドフォン➡︎こちらを愛用しているので、

耳栓した上に、これを耳にかぶせてしまえば無音の世界に入れて気に入っています。

新幹線でも、飛行機でも、移動という移動で子供が近くにしたらこれ、つけちゃいます。

かなりオススメですよニコニコ

航空機が提供してくれるノイズキャンセリングヘッドホンもありますが、

耳に乗せるタイプだったりすると、長時間耳が抑えられて痛くなるので、

カパッと耳を覆うこれが私的には最優秀かと思います。

ちなみに、友人は耳に差し込む同社のこちらのタイプを使っていますが、これもなかなか良い、とのこと。

私は耳栓した上に、さらにかパッと覆ってノイズキャンセリングをオンにしたいので、オーバーヘッドタイプが好きですけどね。

あれ、いつの間にか、イヤフォンの話になってしまいましたが、

このシンガポールエアラインは、是非また乗りたいドキドキ