あちこち行っているのに、ブログ書いていません(汗)

2016年の一つ目は、お正月明けにステイした湯の花温泉 すみや亀峰菴について書いていきます!

まずはお部屋から。

IMG_0038

IMG_0039

IMG_0040

IMG_0041

IMG_0042

IMG_0043

IMG_0044

IMG_0047

IMG_0048

IMG_0049

IMG_0050 IMG_0051 IMG_0052 IMG_0053 IMG_0054 IMG_0055 IMG_0056 IMG_0057 IMG_0058 IMG_0059

予約が結構ギリギリで、源泉掛け流しの山の庵タイプが開いていかなったので、

こちらの、山のテラス、タイプを予約しました。

改装しました感があるお部屋でしたが、お部屋に温泉風呂が付いているのはやっぱり嬉しいですね。

こちらの山のテラスタイプは、いわゆる「源泉掛け流し」ではありませんが、

それとこれと、何が違うっかというと、

湧き出てくる温泉の温度が30数度という温度なので、加熱している、ということでした。

温泉は蛇口をひねると出てくるタイプなので、かけ流しにしたければ、延々と蛇口を開けてればいいという…(笑)

気になる温泉の質ですが、 透明っぽい色で、よくある川のような温泉の匂い。

結構ぬるぬるするタイプで、お肌がしっとりになりました。

美肌の湯、という感じです。

宿泊した日は、結構冷える日でしたので、

半露天のお風呂では 扉を開けてから浴槽へ向かうほんの2メートルが寒かった!!

って、一瞬ですけどね(^^)

湯あたりが怖いので、一回の入浴で10分以上は入らずに、 こまめに出たり入ったりしてお部屋の露天風呂を楽しみました。

ちなみに、温泉では、こまめに出たり入ったりするようにしてから 湯あたりしなくなった気がします。

さて、NGポイント。

お部屋のお風呂の洗い場が、屋外… 冬は激寒で、体や頭を洗っている場合じゃない!!

それから、

まぁ、立地はどうしようもないことなので言ったところでどうってわけでもないけど

この宿が、インターネットなどで玄関写真として出している茅ぶきの門の目の前は、

なんとなんと、 大通り!!

勝手な想像で、山を少し上がった木々に囲まれる入り口を想像してたため、

大通りに面した玄関口に、到着した時は衝撃。

そして、 私は日本茶がとっても好きなので、普段から美味しいお茶を朝から晩まで飲んでいるのですが、

温泉宿到着時に出されるお茶とお菓子も結構楽しみの一つなのです。(お部屋に置いてあるお茶も)

し・か・し、

今回、この宿に到着後、出されたお茶は

明らかにティーバッグのお茶の味。

もうすでにここでドン引きしてしまいます。

決してお安くはないお宿代、 ”超”高級の部類ではないにせよ、

ティーバッグのお茶はないでしょう

到着時のお茶菓子も超しょぼかった…

それから、入室時に、ラウンジでいただけるというコーヒーチケットをいただいたので、

ルームサービスで持ってきていただけますか?とオーダーし

気持ちよく持ってきていただいたのは良かったのですが、

そのコーヒーも…ありえなく…まずい

うーん… お茶もコーヒーもまずい。

今夜のお料理が心配です…

ご飯編に続く…      

 

何年か前に、同じく湯の花温泉の翠泉に泊まった記事があるので、そちらもごらんください。

記事はこちらから。